• ホーム
  • 性行為をしなくても感染するカンジダにはエンペシド

性行為をしなくても感染するカンジダにはエンペシド

「カンジダ症」はカンジダ菌という真菌(カビの一種)に寄生され、カンジダ菌が異常繁殖することによって発症する病気です。
カンジダ菌は男女の性器(特に女性の膣)で繁殖することが多いことから、膣カンジダと呼ばれることが多いです。
性感染症の一種として考えられていますが性行為がなくとも感染するケースがあります。
カンジダ菌は、高温多湿な場所で繁殖しやすいことから、オムツをした赤ちゃんのおしりに発症することも多い病気です。
そのため、必ずしも性行為が原因で感染する病気ではないことをきちんと理解しておく必要があります。

カンジダ菌は、膣内や腸内、また口の中などにも常在している菌で、健康な人間に対してはほとんど害はありません。
しかし、疲れがたまっているなどで、身体の抵抗力や免疫力が低下してしまうとかゆみや炎症を引き起こす場合があります。
女性に発症するカンジダ膣炎は、誰もが感染する可能性がある性病というよりも感染症の一つです。
自分自身の体力や免疫力低下が原因で発病する病気です。
誰でも発症する可能性がある理由は常在しているカンジダという真菌が異常繁殖することによって引き起こされるものであるからです。
そのため、条件が整いさえすれば誰でもカンジダ症を発症する可能性があります。

カンジダ症を発症すると、陰部や膣の痒みと、どろっとしたヨーグルトのようなおりものや、酒粕状のぽろぽろした状態のおりものが出ます。
色は白色や黄緑色をしていることが多く、臭いはほとんどありません。
症状が悪化してしまうと、耐え難い膣と外陰部の痒みがあり、女性の陰部に焼けるような痛痒さを生じさせます。

性行為をしなくても感染するカンジダにはエンペシドによる治療が有効です。
エンペシドは薬剤師のいる薬局、薬店、ドラッグストアで購入できます。
エンペシドには2種類あり、「エンペシド膣錠」と「エンペシドクリーム」という薬があります。
エンペシド膣錠は、膣のなかに固形の薬剤を直接入れて使う薬です。
エンペシド錠剤は、カンジダ症の中でも効果が出る範囲は膣内と外陰部であることに注意が必要です。
個人差はあるものの、エンペシド膣錠は、3日程度で効果を得ることができます。

エンペシド・クリームの使い方としては、患部に薄くのばしてやさしく塗ります。
エンペシドクリームは、外側の皮膚にのみ使用することが可能なクリームです。
そのため、膣内や目(角膜、結膜)に使用することはできません。
さらに、傷がある部分やひどくただれている部分にも塗ることはできません。
エンペシドクリームの刺激が強すぎることから、そのような場所に塗ってしまうとさらに症状が悪化する可能性があります。

トリコモナスは公共トイレや温泉でも感染する?

トリコモナス症は公共トイレや温泉でも感染する可能性がある性病です。
トリコモナス症はトリコモナス原虫という微生物が膣内に入りこむことによって引き起こされる膣炎に分類されます。
トリコモナス症は性行為によって感染する場合がほとんどですが、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。
つまり、トリコモナス原虫は、公共トイレや温泉でも感染する可能性があり、性行為だけではなく性行為の経験のない女性や幼児にも感染することがあります。
トリコモナス原虫は水がある場所であれば一定の間は生存することができることから、公共トイレ、プール、温泉などにおいて、他の方が使った椅子からも感染してしまいます。

トリコモナスはトリコモナス原虫に感染することによって生じる病気です。
そのため、薬によってトリコモナス原虫を殺菌することで症状を改善することができます。
もし、治療を行わない場合には、トリコモナス原虫がどんどん繁殖して症状が悪化してしまうため早急に治療することが必要です。

トリコモナス症を患った場合、病院で処方されるのは「フラジール」という治療薬であることが多いです。
フラジールには、トリコモナス原虫に対する有効成分である「メトロニダゾール」が含まれています。
有効成分であるメトロニダゾールは、トリコモナス原虫の中に入り込み、ニトロソ化合物という物質に姿を変え、トリコモナス原虫のDNAを切断します。
DNAが切断されることで、トリコモナスの体の構造が不安定となり、トリコモナスは死滅します。

フラジールには、経口薬タイプのもの(フラジール内服錠)と膣錠タイプのもの(フラジール膣錠)があります。
フラジールを使用する期間は、内服錠の場合であっても膣錠の場合であっても10日間です。
内服錠の場合には1日に2錠を服用し、膣錠の場合には1日に1錠を膣に入れます。